2017年01月08日

ジオデータベースの空間範囲の再計算

今、ジオデータベースの図形(ポイント)を編集しているんだけど、そこで端っこの方にある点をいくつか削除し、保存した。で、編集も終了して、レイヤの全体表示を選択しても、以前あったポイントまで表示される範囲で表示されてしまう。うう、ちゃんと削除できていないみたいで、ちょっと気持ち悪い。

今あるポイントだけで、レイヤの全体の範囲を計算してもらうには…、とググってみたら、あったあった。「Recalculate Feature Class Extent」というツールがあるらしい。えーっと、「ArcToolbox>データ管理ツール>フィーチャクラス>フィーチャクラスの範囲を再計算」である。

んがしかし、ArcGIS Basicなライセンスでは動いてくれないらしい。ついでに、ArcGIS10.4以降のツールらしい。うう、さみしー。

しかし、もうちょっと頑張って探してみると、大丈夫そうなのがあったあった。ArcCatalog、もしくはArcMapのカタログウインドウで、(今回はポイント)フィーチャクラスを右クリックして、「プロパティ」を選択する。

これで開く「フィーチャクラスプロパティ」ウィンドウで「フィーチャの範囲」タブを選択、「XY範囲」のボックスで「再計算」をクリックする。

これならBasicなライセンスでも、大丈夫。ネット上の情報によるとArcGIS10.2でも、できるらしい。(テストは、ArcGIS Desktop Basicの10.4で実行した。)

やってないけど、ポイントを全部選択して、「選択フィーチャのみ」でデータのエクスポートをかければいいような気もする。

まま、メモでした。
posted by たかはし at 11:35| Comment(0) | ArcGIS
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: