2017年02月22日

オリジナルのツールバー作成

今ArcGISで、地図画像をジオリファレンスして、その後既存のポイントを移動したり、属性だけあるポイントに図形を追加したり(前回記事「図形だけ後から追加」参照)という作業をしている。地図画像は数十枚あるので、その都度、ジオリファレンス、ポイント移動、ポイント追加、編集の保存…を繰り返している。

そんな時、それぞれの作業で使うツールをまとめて表示しておけないかなーと思った。何しろジオリファレンス時にコントロールポイントを追加するにはジオリファレンスツールバー、ポイントを編集するときはエディタツールバー、属性だけあるポイントに後から図形を追加するには高度な編集ツールバーと、画面上がツールバーだらけになってきたからだ。まぁいちいち表示をオフにすればいいんだけどさ。

きっとそんなの私が知らないだけで、簡単にできるはず。で、いつものとおり探して(ぐぐって)みたら、あるある。以下手順。

1.まずは新しいカラのツールバーを作成する。
1)ArcMapのメニューから「カスタマイズ>カスタマイズモード」を選択
 「ユーザ設定」ウインドウが開く
2)「ツールバー」タブをクリックして「新規作成」を選択
3)「新しいツールバー」ウインドウが開くので、これから作るツールバーの名前を入力する。で、OKをクリック
i17021301.PNG

これで新しいカラのツールバーが作成される。私の環境ではこんな感じで既存のツールバーの下にちょろっとツールバーが表示されていた。ちっさっ!
i17021302.PNG

2.次にカラのツールバーに使いたいツールを入れていく
1)1.の作業で表示されている「ユーザ設定」ウインドウの「コマンド」タブをクリックする。
2)追加したいツールを探す。例えばジオリファレンスツールバーの「コントロールポイントの追加」であれば、カテゴリからジオリファレンスをクリックして、コマンドからコントロールポイントの追加を探す
3)2)のツールをドラッグして、1.のカラのツールバーまで持っていく
i17021303.PNG

以下のような感じになったらツールが1つ追加完了!である。
i17021304.PNG

2.を繰り返して、ツールを入れ込んでいく。「コマンド」の部分には結構たくさんツールが表示されるので、ツールの名前を一部でも覚えていたら、「次を含むコマンドを表示」のところで検索すると便利である。
i17021305.PNG

で、ツールの入れ込みが終わったら「ユーザ設定」ウインドウで「閉じる」を選択すれば、オリジナルのツールバーの作成終了だ。

ツールバーをフロートさせるとこんな感じ。コンパクトなので、編集中も邪魔になりにくくていい感じ♪
i17021306.PNG

ちなみにこのツールバーはデフォルトではMXDに保存される。つまり新規にマップを作成したらまた同じツールバーを作成することになる。ArcMapを起動するたびにこのツールが読み込まれるようにするには、さっきの「カスタマイズ>カスタマイズモード」の「ユーザ設定」ウインドウの「オプション」タブで、「ドキュメント内に新しいツールバーとメニューバーを作成」をオフにしておく。

もし、作成したツールバーがもういらなくなったら、「カスタマイズ>カスタマイズモード」の「ツールバー」タブでそのツールバー名をクリックして、「削除」をする。

まま、今回はこんなところで。
posted by たかはし at 10:00| Comment(0) | ArcGIS
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: