2017年04月05日

自動でちょっとだけ気が利いたラベリングにはMaplexエンジンを

ArcMapでポリゴンにラベリングをすると、デフォルトでは水平に文字が表示される。こんな感じ。

i17032701.PNG
(図はクリックすると拡大します)

データは政府統計の総合窓口 e-Statのサイト(http://www.e-stat.go.jp/)からダウンロードした平成22年国勢調査 町丁・字等別境界データである。表示しているのは東京駅のちょっと北、神田とか秋葉原のあたりだ。ラベルが重なる場合は、ラベルを表示してくれないので、いくつか町丁目名が表示されていないところがある。

これを「レイヤプロパティ>ラベリングタブ」の「配置プロパティ」を開いて、「配置」タブの中で「常に直線」を選んでみる。

i17032702.PNG

そうすると…

i17032703.PNG

もう少し表示されるラベルが増えてくる。ここでもっと地名を表示させたい場合は、アノテーションに変換して一つずつラベル配置を調整するしかないんだろうか。それはちょっと大変そう…。またGISのしもべ状態になりそうだ。

データを入力して最初に地図化した時って、どこで値が突出しているのか、ちょっと地名が確認ができればいいだけのことも多い。そこまで凝った手作業をしなくても、もうちょっと自動で何とかラベリングしてくれないかなーと思っていたら、あったあった。データフレームのプロパティの「一般」タブに「ラベリングエンジン」というのがある。デフォルトは「標準ラベルエンジン」だけど「Maplexラベルエンジン」を選ぶ。

i17032704.PNG

Maplexにしてから、もう一度レイヤプロパティ>ラベルタブの「配置プロパティ」を開く。すると、インタフェースがこんな風に変化している。

i17032705.PNG

なんだかいろんなことができそうな感じ〜♪

試しに「ラベル調整ルール」タブで「フォントサイズを縮小」をオンにして、その「オプション」ボタンを押してみる。

i17032716.png

今は8ptで表示されている地名を、0.5ptずつ、最小で4ptまでフォントサイズを小さくして、ラベリングを試みてくれるらしい。この設定で表示してみると、こんな感じ。

i17032708.PNG

やっぱり4ptだとちょっと小さすぎるかな。以下は、1)レイヤプロパティウインドウ上でフォントを游明朝Demi Bold 10ptにして、2)「配置プロパティ」ウィンドウの「ラベル調整ルール」タブ、「フォントサイズを縮小」で、0.5ptずつ最小5ptまで縮小するよう設定、3)「配置プロパティ」の「ラベル位置」タブで、「字間をあける」をオンにして、そのオプションで最大60%まで字間を広げる設定にしたものである。

i17032709.PNG

うーん、どうだろう。美しく見やすい地図を作るには遠いのかもしれない。でも、手っ取り早く地名を確認したい、というだけならこれでも悪くなさそうである。まぁ自動とはいえ設定できることが多くて、きりがなさそうではあるけど。

あっ、せっかく国勢調査の境界データを使ったので、最後に人口っぽい何かを。とりあえず何もデータを結合しなくても境界データについてくる人口と世帯数を使おう。下の地図は人口を世帯数で割った、1世帯当たりの人口である。

i17032715.png

鍛冶町2丁目の周辺は1.5〜2人だけど、それ以外のところは1〜1.5人の世帯が多いようだ。大まかに言って、1〜2人世帯が多くて、どっちかというと1人世帯の方が多いという地域らしい。

ここに年齢別のデータを結合したらどこそこに高齢者の一人暮らしが多い地域がある、といった様子も見えてくる…、かもしれない。
posted by たかはし at 11:00| Comment(0) | ArcGIS
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: